マナーや年齢は? ハワイで初めて運転するときの注意点

ハワイ

[voice icon=”https://triproadgo.com/wp-content/uploads/2020/02/スクリーンショット_2020_02_22_16_33.png” name=”MIAS” type=”r”]海外での運転が好きすぎて、今まで26カ国でレンタカーを借りて旅行してきた、MIASです。[/voice]

[voice icon=”https://triproadgo.com/wp-content/uploads/2020/02/はてな-1.png” name=”旅行者” type=”l”]
・ハワイでの運転で注意すべきマナーは?
・マナー以外で注意すべきことは?
・ハワイでは何歳からレンタカーを借りられる?
[/voice]

こんな質問に答えます。
この記事で運転マナーや年齢制限などの運転事情を理解できます。

ハワイでの運転で注意すべきマナーは?

歩行者の横断

歩行者が横断している、または横断しようとしている場合は車を停止しなければなりません。
ハワイには「歩行者が走行車線側を横断している時、横断歩道の中央を過ぎるまで停止しなければならない」という法律があります。
違反した場合は罰金が課されます。

子供を置き去りにしない

ハワイでは、子供(9歳以下)を1人で置き去りにする行為は法律で禁止されています。
見つかった場合は通報されますし、罰金も課されます。
なにより、車上荒らし等もいる中で子供を置き去りにするのは非常に危険なので、絶対にやめましょう。

クラクション

むやみなクラクションはマナー違反です。
日本では青信号で進まない車にクラクションを鳴らすことがありますが、ハワイではよっぽどのことがない限り鳴らしません。
みなさん辛抱強く待っているので、クラクションは危険な時以外は控えるのが無難です。

ありがとうのハザード禁止

日本では当たり前に行われている、ハザードによるありがとうの意思表示はアメリカでは通じません。
運転中に急停車するのかと後続車を驚かせてしまうため、むやみにハザードをつけるのはやめましょう。
感謝を伝えたい場合は、バックミラーに手を上げて見せればOKです。ちゃんと後ろからでも見えています。

飲酒運転禁止

当たり前ですが、飲酒して運転するとOUTです。交通違反ではなく犯罪として扱われます。
車内に開封したアルコール類があった場合も罰せられます。
飲酒した人を乗せるのはOKですが、同乗者が車内で飲酒するとOUTです。
日本人女性が飲酒運転で死亡したケースも報告されているので、飲んだら乗るのはやめましょう。

マナー以外で注意すべきことは?

ビーチサンダルでの運転

ビーチサンダルでの運転に注意してください。
法律上はサンダル絵運転しても問題ありませんが、ぺらぺらのビーチサンダルだと運転しにくくなります。
クロックスなどのかかとにホルダーの付いているものを選択したほうが安全に運転できます。

スコール(シャワー)

ハワイには乾季(5月~10月)と雨季(11月~4月)があり、雨季の場合はシャワーと呼ばれるにわか雨が朝と夕暮れ時に降ることが多いです。
雨が降った直後は路面がスリップしやすいので、注意して運転してください。

夜の運転

ホノルル市内は夜でも比較的明るいので運転はしやすいですが、郊外に出かけるときは十分に注意してください。
郊外は人里から離れるに従ってどんどん街灯が減っていきます。夜は市街地以外は完全に真っ暗になるので、慣れないうちは非常に危険です。

蛍光塗料が塗られていない標識もざらにあり、直前までカーブが右と左のどちらに曲がっているのかもわからないこともあります。
日が暮れる前には市街地に戻ってこれるようにスケジュールを組み、万が一夜間に運転する場合は速度を落として安全運転を心がけてください。

車内に貴重品を残さない

ハワイにおいても車上荒らしは発生しています。
ショッピングセンターやホテルの駐車場でも被害が報告されているので、貴重品はホテルなどの安全な場所に保管しておくか、携帯して車内に残さないようにしましょう。

ハワイでレンタカーを借りられる年齢は何歳から?

ハワイでは16歳から運転ができますが、レンタカーを借りる場合は年齢が21歳以上である必要があります。(例:ニッポンレンタカー)
ただし例外として、20歳以上から借りられるレンタカー会社もあります。(例:ハーツ、ダラー)

若い年齢のドライバーは統計的に事故率が高いため、25歳未満はヤングドライバー代金と呼ばれる割増料金を取られるのが一般的です。

その他にも知っておくべきこと

[voice icon=”https://triproadgo.com/wp-content/uploads/2020/02/スクリーンショット_2020_02_22_16_33.png” name=”MIAS” type=”r”]ここまでで運転マナーや年齢制限についてはマスターできましたね!
でもハワイで問題なく運転するためには、下記の項目を一通り理解しておく必要があります。[/voice]

調べる必要があるもの

[box class=”blue_box” title=”調べる必要があるもの”]
・運転免許証
・必須の持ち物
・あると便利な持ち物
・交通ルール
・駐車方法
・レンタカーの借り方
・車種の選び方
・保険について
・トラブル時の対処方法(事故、盗難、交通違反)
[/box]

沢山あって大変ですが、安心・安全なドライブのためなのでちゃんと理解しておきましょう。
これらについてもこれから記事を追加していく予定なので、少々お待ちください。

LINEで相談受け付けます

[voice icon=”https://triproadgo.com/wp-content/uploads/2020/02/スクリーンショット_2020_02_22_16_33.png” name=”MIAS” type=”r”]上記の項目を全て自分で調べるともの凄く時間がかかって大変だと思うので、LINEで相談を受け付けます![/voice]

もう一つサイトを運営しているのですが、最近海外レンタカーに関する相談が増えてきたので、LINEでの相談を始めました。
メールは返信が大変だったのでLINEに変えました。無料です!

[voice icon=”https://triproadgo.com/wp-content/uploads/2020/02/はてな-1.png” name=”” type=”l”]
何でこんなに面倒なことを無料でやっているの?
[/voice]

[voice icon=”https://triproadgo.com/wp-content/uploads/2020/02/スクリーンショット_2020_02_22_16_33.png” name=”MIAS” type=”r”]海外でドライブする人の役に立ちたいのと、ドライブの楽しさを伝えたいからです。海外の運転情報は少ないし、調べると時間がかかるので、僕の経験を役立てられたらいいなと思って続けています。趣味なので無料です![/voice]

[box class=”blue_box” title=”これまでの経験”]・今までに訪れた国:40か国
・実際に運転した国:26か国
・海外での総運転距離:40000km以上
・海外でのキャンプ:100泊以上

[/box]

コメント

タイトルとURLをコピーしました